【M-1グランプリ 2017】敗者復活戦出場者紹介

今年のM-1の敗者復活戦出場者独断と偏見をもって紹介します。

決勝進出者紹介はこちら↓

sdfghjklasdfghjkl.hatenablog.com

 

独自の解釈なので自分がよく知っている人そうでない人で情報のムラがあるのはご了承ください。

組数が多いので2記事に分けて紹介します。

 

では、早速紹介!

 

 

東京ホテイソン

別記事でも紹介したコンビ。ツッコミが独特です。

結成3年ほどで年齢も若い。宣材写真がやたら爽やかだな。w

先日彼らが出ているライブを割と前の方の席で見て、ボケのタケル君は近くで見たら(すごく良いように言うと)高良健吾くんみたいな感じだった。人気出そう。

ツッコミの人は、あのスーツと眼鏡でわざと老けてみせてるのだろうか? 確かに、イケメンであのツッコミしてたら何かぶれるような気もする。

独特なツッコミって真似したくなるけど、ここのツッコミを真似するのはややハードルが高いかもしれない。笑

 

  

アイロンヘッド

彼らがライブに出てるとなぜだか安心感がある。

毛利さんは天然で、最近NALU-SEEに入ってイケメン度が増してきている。

辻井さんはとても器用で歌もうまいし楽器もひける。

しゃべり方が“ザ関西人”というしゃべり方。

このネタの親戚のおっちゃんはリアルに近いのでは?という感じがする。笑

 

 

笑撃戦隊

世間的にはやしろ優さんの旦那さんのコンビになるんだろうか。

個人的に、人物のキャラありきのネタよりシステムで笑いの起きるネタが好きなので、とても好みである。

一時期ずっとツッコミをボケより先に言うっていうネタをしていて、それもすごく面白かったんだけど、今年のパターンも面白い。

演技なのか素なのかわからないんだけど、ネタ中いつも二人とも楽しそうにしている。

が、それゆえなのか結構時間オーバーになる、というイメージもある。笑

 

 

大自然

だれかが彼らのことをスリムクラブみたいだと言ってるのを聞いてから、そう見えるようになってしまった。両方とも重低音のまえださん。笑

ネタ以外の彼らを見たことがないというのもあって、どういう人たちなのか全然見えてない。笑

 

 

霜降り明星

こちらもこの記事で紹介。耳に残るツッコミで、かつこちらも若いコンビ。

AI-TVにレギューラー出演中で、VTR中にはさむツッコミも的確で面白い。また、簡潔で短いツッコミが多いのでTVに向いてそう。

自身のネタでも言っているが、ツッコミの粗品さんがスプーンに映った小栗旬に似ている。笑

 

 

スーパーマラドーナ

和牛と同じくらい確実に決勝に行くのでは?と思っていた。それくらい安定感がある。

でもやっと来年でラストイヤーくらいなのか。

安定感がすごいので、敗者復活枠の有力候補だと思う。

 

 

・ランジャタイ

とにかくやばい。ネタを見るとボケの方がやばそうだが、実はツッコミの方がやばい人なところがさらにやばい。ダウンタウンの松ちゃんと発想が被ると言っていたらしい。“ランジャタイ”というコンビ名も織田信長とかしか切り取れなかった天下獲りの証の樹の名前が由来だそうで、実はすごくお笑いに熱い感じなのもやばい。

ラジオでしゃべってるのを聞いたことがあるんですが、やばい夫(伊藤さん)とそれをたしなめる妻(国崎さん)みたいな関係性だった。(国崎さんが相方さんのことを「この人」と呼んでいたので余計にw)

と考えると、国崎さんがネタ中あんなに役に入り込んでやばく見せてるのやばくない?

※“やばい”は褒め言葉です。

 

 

からし蓮根

今回のM-1で初めてちゃんと認識しました。

自分が九州にゆかりがあるので、コンビ名としゃべり方(方言)にはとても好感を持地ます。

  

 

 

天竺鼠

ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとふざけてるよね。笑

天竺鼠の漫才は漫才なんだろうか?というかそもそも”ネタ”なんだろうか?と思う(良い意味で)。

川原さんがあの顔で普通に変なこと言うから笑っちゃうんだよなぁ。

でも、素のときは普通に常識人で、トークライブで猫の話とかかわいい話してるときあった。笑

 

 

M-1公式の敗者復活戦のHPはこちらから↓

www.m-1gp.com

 

 

それでは。

 

 

関連記事:

sdfghjklasdfghjkl.hatenablog.com