【M-1グランプリ 2017】敗者復活戦出場者紹介 ※あくまで個人の感想です。~Part 2~

今年のM-1の敗者復活戦出場者独断と偏見をもって紹介します。後半戦です。

Part1はこちら↓

sdfghjklasdfghjkl.hatenablog.com

 

独自の解釈なので自分がよく知っている人そうでない人で情報のムラがあるのはご了承ください。

 

では、早速紹介!

 

 

相席スタート

年々面白くなってるし、年々ケイさんがきれいになっている。

正直、昨年の決勝のネタを初めて見たとき、鳥肌が立つくらい良いネタだと思ったんですが、あんまり点数入らなくて残念。唯一上沼さんだけ高評価で、自分の知人の女性も絶賛していたので、女性ウケの良いネタだったのかな、と。

ケイさんはボケではなくて“メッセージ”担当らしく、たまにメッセージの面が強すぎて笑いの起きないネタのときがある。笑 

 

 

・Aマッソ

女性コンビとしてはかなり異質なコンビ。

女性が入ると、美人とブスの話か恋愛の話が軸の悪口みたいなネタになる人が多いと感じているけどそれが全然ない。

てか、女性コンビとしてではなくて、男性コンビだとしても割とぶっとんだネタやってると思います。そんな発想どこからくるの?っていう。

すごく面白いけど、ダントツで口が悪い。笑

 

 

アインシュタイン

1度見たら忘れられない。芸人として最強すぎる。

THE MANZAIのころから決勝に近い位置にいつもいるイメージ。

 

 

さらば青春の光

コント師だと思っていたらいつの間にか漫才もちゃんと結果を残してきててもはや怖い。

漫才コント関わらず「天才かよ!」って思うネタがいっぱいあります。今年のKOC1本目の居酒屋のネタとかチャーハン早食いのネタとか。あと、昨年のM-1のネタは今まで見た漫才の中で1番きれいな漫才だと個人的には思っています。

ただ、森田さんは自分はツッコミというよりただ繰り返しているだけ、とおっしゃっていた。確かに。「能なん?」とかね。笑

 

 

囲碁将棋

さらばさんの能の漫才が今までで1番きれいな漫才だと書いたけど、そのネタを見る前に1番きれいだと思っていた漫才が彼らの「真似すんなよ」の漫才だったりする。キャラで笑わせるというよりシステムで笑わせる系の漫才だけど、文田さんの頭良いけどちょっと嫌なやつみたいな感じとそれに全力で対抗する根建さんという構図も好き。

根建さんの「もういいよ」の棒読み感はわざとなのか気になる。笑

 

 

  

・見取り図

ツッコミの盛山さんは見た目的には背も大きくて怖そうですが、声が高くて特徴的。ツッコミの語気は強いけど、言ってることは結構優しかったりする。

ボケの人の声・しゃべり方はさらばの東口さん(東ブクロかw)にそっくりだとずっと思っている。笑

 

 

・ニューヨーク

実は個人的にすごく推しているコンビで、たぶん彼らで1記事書けます。

→2017/12/10追記 書きました!

性格悪いと言われている彼らのネタですが、それで笑うってことは本当はみんなそう思っているってことですよ?(自戒もこめて)

嶋佐さんの変な人へのなりきり度は年々上がっているし、屋敷さんの口悪いツッコミは賞レースとかよそいきのときには少しマイルドにしている!w

ちなみに、ゆにばーすの川瀬名人決勝進出者発表の会見(記事最後の方)でいじられている。笑

 

 

セルライトスパ

たぶん一番情報を持っていない。。ごめんなさい。

が、どちらかというとコントのイメージかな。

 

 

三四郎

人気者で忙しいだろうに、毎年準決勝に残るようなネタを書いててすごいな、と。小宮さんのM-1に対する気持ちはすでにTVで人気者である人のそれではない感じがする。

ネタ内で「自分、三四郎さん相田さんから入ったんですよ」「そんなやついねーよ」っていう件がありますが、これってコンビ間の関係が良好じゃないとできない気がします。

小宮さんのイメージが強い三四郎だけど、相田さんの方がよっぽど変だよね、ということにそろそろみんな気づき始めている気がします。

三四郎が気になる人はぜひラジオを聞いてほしいです。相田さんの変じゃない?っていう気持ちが確信に変わるから。笑

 

 

・ハライチ

ここも人気者ですね。世間的に知られているだろうし、ネタのスタイルもそれほど変わっていないので改めて自分が説明することもないくらい。

最近のゴッドタンで見る岩井さんが腐りすぎている点は心配になる。笑

 

 

南海キャンディーズ

こここそスター。

二人がいつものように両手をあげて登場すると、お笑いファンとしては「うわー、生で見れたー!」というミーハー心が出てしまうほどに。

前に他の芸人さんが「南海キャンディーズは忙しいし人気者だから3回戦くらいは流してくるかと思ったら、最近のトレンドも含めたしっかり面白いネタをしてて何なんだよ!って思った」w という話をしていて、さすがだなと思った。

ただ、ラストイヤーと言えどもっと若手の人たちにチャンスあげてほしいかも、とは思う。さすがにこのコンビは格が違うから、という意味で。

 

 

M-1公式の敗者復活戦のHPはこちらから↓

www.m-1gp.com

 

それでは。

 

関連記事:

sdfghjklasdfghjkl.hatenablog.com

 

sdfghjklasdfghjkl.hatenablog.com